続・目のこと & 素敵な1日

e0175228_1428737.jpg
e0175228_14282546.jpg
e0175228_14285398.jpg

先週書いた眼科の角膜外来を受診して来ました。

流涙が止まらないのは、
角膜のだぶつき(年齢と共にどんな人も少しずつあるそうです)による、涙点の閉塞では?
ということでの受診だったのですが・・、簡単な検査の末、
目を潤す涙が涙点から入り、涙小管を通って鼻へ流れるのが通常のところ。。
わたしの場合、その涙小管が狭窄して涙が流れにくくなっているということでした。
角膜のだぶつきはそれ程では無い・・と。。
ひとつひとつやってみて、ダメな時はまた考えましょう・・と。。

角膜専門のDrが一人しか居ないので、手術というか施術は来月の予約。

そのDrと耳鼻咽喉科のDrとで、涙小管にチューブを通すこととなりました><
チューブを鼻から引っ張らなくちゃならないので、耳鼻科のDrも立ち会いで・・との由。

「痛いですか?」
「痛かったら麻酔しますから^^ニコッ」

「先生、大丈夫ですょね?」
「大抵は・・^^ニコッ 痛すぎる時は止めますから^^ニコッ」

痛そうだ...。

それにしても県立病院、死ぬほど待たされました><
8:30に受付をして、呼ばれたのは12:00少し前でした。。
待ち合いで気分悪くなりそーでした(笑



笑えるんですけど・・  さて、今回も病院に相方が同行してました・。

帰り、高虎ドックでスペシャル美味しいランチセットを、ヨットハーバーを見ながらいただき~
リッチな気分に浸りました。 えへへ

その後、美術館の常設展を観る。
平日の美術館、誰もお客様が居ませんでした。

もー ゆーっくりとスキなだけ、スキな絵の前に居られる幸せ。・

ビックリしたのは「ルドン」の油絵に出会えたことでした。
目の覚めるような色彩をところどころに使いながら、不思議な調和を感じる絵。
すごく気持ちが穏やかになりましたねー

それから柳原義達の彫刻、すばらしかったです。
いろんな方の彫刻を見て来たけれど、わたしの中では類を抜く彫刻だと思います。
常設なので、また見に行こう~

ランチと美術館、ひそかに相方の心遣いだったのかも知れません。



[PR]