カボチャのオバケ♪

遅れてるけれど映画「アイランド」を初めて見ました。
期待してなかったし、昼間に軽い気持ちで見たのが良かったのかな?
面白かったです^^
ストーリーがスキですね~ それに思ったよりも残酷な映像があって嬉しかった♪
でもスキですとか嬉しかったなんて言ってられない現実も・・・
アメリカやフランスでは既に体外受精で作った受精卵の中から、
兄弟の遺伝子が適合するものだけを選び出し妊娠・出産するという方法で、
兄弟姉妹を病から救う為の「救世主兄弟」と呼ばれる子を創っていますね。
だからこの映画見ながらリアルだなぁ~なんて少し考えちゃいました。
「幹細胞生態医療」、アメリカではかなり進んでるらしいですょ。
DNAに組み込まれたデータから、後に発症する自分の病の治療の為に、
自分の幹細胞をバンクに冷凍保存する。
そういうのも生きる方法として認知・選択されているみたいです。
「救世主兄弟」は幹細胞から兄弟姉妹を救うことも、
拒絶が無いので臓器移植で兄弟姉妹を救うことも可能ですね。
神の倫理に反するとか賛否はあるようですが、当事者であれば・・・
日々進歩する医療の力を借りることを選択しても良いのではないかと思います。
ただ・・・後に子供達が大人になって、自分が誕生した意味で苦しんだり、
臓器を提供することを拒否したりするかも知れないし、
そのことで自分を責めたりするかも知れませんね。
とにかく十字架を背負って生きることになるのかも知れません。。。 難しいなぁ。

コレラの時代の愛」も見ました。
バルデム氏はワリと好きなので・・でもザ-ガルシア・マルケス~!という感じでしたね~
わたしの読書力がダメなのだろーけど・・ガルシア・マルケス本、どれも面白いと思ったことがないのです。。。

テレビっ子じゃないので、一人の時はテレビを消してることが多いかな~
日中点けてもこの頃は韓国ドラマが多すぎて・・・ちょっとウンザリ気味だし。。
情報番組はうるさくて苦手なので、殆ど見たことがありません。
CSで新しい映画に出会えるのは幸せです^^
映画を見ちゃうと他に何も出来なくなっちゃう可能性もあるけど、許される時には見たいなぁ~

今日見た映画♪「ブライアン・シンガーのトリック・オア・トリート

ブライアン・シンガーのトリック・オア・トリート [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ

ダイスキなカブリモノのオバケが出てくる系~♪
トリック・オア・トリートと言われたらお菓子をあげなきゃダメですょ~
ハロウィンのカボチャランタンの火を消してはいけないょ~
むかしから伝わる習わしは守らなくちゃね^^)v
怖いけど、ちょっとキュートで思わず笑ってしまいそうになる映画。

e0175228_1254641.jpg・・・
夜に5時間ビリヤードへ。
結果はまあまあだったけど、プレイとしては全然ダメ・・・
つい腐ってしまって、凶暴な気分・・・

点数ボードの端にイタズラ。。
上記のカブリモノオバケのハズが・・・わたしに似ている==33
[PR]