福田繁雄大回顧展

e0175228_1310437.jpg
e0175228_13104490.jpg
e0175228_13105951.jpg
学生時代から慣れ親しんだ、福田繁雄氏の作品たち。
たぶん誰の目にも知らず知らずに映ったことがあるだろうポスターたち。
回顧展という形で、年間日本のブラフィック(本)等で見ていた作品を目にすることに。

誰が見ても理解することの出来る、軽快に単純化された対象物。
こういう作品のチカラを前にすると、
本当にグラフィックデザインの分野が好きだなーとか、つくづく思います。
テーマが明確で、絵自体が意味を伝える。
あ~ いいなぁ~

* * *

めずらしくお天気にも恵まれました。
思えば美術館に訪れる日はお天気ばかりの気がします。

図録とか、10年前のわたしなら必ず買うのが常でした。
でも描く分野から離れてしまうと、絵を見ることもそー無くて、
図録を開くことも無いんですょねー
なので今は買わなくなりました。
どう必要なのか、自問するようになりました。

今回はハガキを3枚だけ。
うちの1枚を妹に出します。



[PR]